頻尿

頻尿

なかなか人に言えないおしっこの悩みを改善します。

頻尿 原因

原因は女性と男性で異なります。女性の場合の第1位は膀胱炎です。女性の場合、男性よりも尿道の長さが短いため、肛門付近の大腸菌が膀胱へ侵入しやすく、膀胱炎にかかりやすい傾向にあります。侵入した大腸菌によって膀胱の粘膜に炎症ができることが原因です。
一方、男性の場合の第1位は前立腺肥大症です。多くの男性は加齢と共に前立腺が肥大してきます。前立腺が肥大することによって尿道が圧迫され排尿がしにくくなったり、膀胱の容量が小さくなることなどが原因です。
また夜間頻尿の場合には、上記の原因の他に夜間多尿や睡眠障害、過活動膀胱や糖尿病なども考えられます。これは40歳以上になると約7割の方がなると言われています。

頻尿 治療

男女で原因が異なりますので治療方法も当然異なります。膀胱炎が原因となっている場合は抗生物質などの有効な抗菌剤を服用し、水分を多くとって尿の量を増やすようにします。男性の前立腺肥大が原因となっている場合は、肥大した前立腺が膀胱を圧迫するために膀胱に溜めておける尿の量が少なくなっている状態ですので、前立腺の肥大を抑制しながら、膀胱を収縮させる筋肉を弛緩させる薬を服用することによって尿を溜めておける量を増やすという改善策が図られることになります。
夜間頻尿の場合には、まず原因をはっきりさせることが必要とされますので、排尿日誌を付けるように指導を受けることが多いようです。

心因性頻尿

心因性頻尿とは精神的緊張が原因となってトイレが近くなる病気です。比較的若い層や子供に多い病気ですが、青壮年期の女性に特に多いようです。膀胱は精神的なストレスの影響を受けやすい臓器の一つであり、その症状の一つとして頻尿が起きたりしますが、睡眠中などストレスの無い状態では起きないのが特徴です。誘因である情緒不安定な状態が慢性化すると、勤務中や授業中、電車やバスの乗車中などに、過去の記憶と相まって強い尿意に悩まされます。心身症の一種ですので、その治療には精神的なアプローチによるものが中心となります。

頻尿 トップへ戻る